アーカイブ

01|11|2016      責任ある供給がされたカキ加工品をスーパーマーケットチェーンのカスミが販売開始

北関東を中心に178店舗を運営している、国内でも大きな小売業のひとつである株式会社カスミは、国内の認証養殖場で水揚げされた責任ある供給がされたカキ加工品の販売を開始しました。

11|04|2016      震災から5年後、宮城県漁協の牡蠣養殖場がASC認証取得の喜びに沸く

津波により壊滅的被害を受けた東日本大震災からちょうど5年後、宮城県漁協志津川支所は震災以前よりしっかりとそして大きなステップを進みました。

17|12|2015      イオン株式会社がASCで認証されたエビの販売を日本ではじめました。

にぎやかな年末年始シーズンにあわせ、日本の大手小売企業であるイオンリテール(株)は、ASC認証を取得し、責任をもって養殖されたエビの国内販売を開始しました。

16|12|2015      水産養殖管理協議会(ASC)が、グループ認証と新たなパイロットプロジェクトのための実施要綱を発表しました
2015年12月16日、水産養殖管理協議会(ASC)は、グループ認証プロジェクトと関連パイロット監査に関する二つの実施要綱を発表しました。
27|11|2015      パイロット監査に向けて、ブリ・スギ類基準のASC監査マニュアルの草案が完成

来年初めからのパイロット監査に向けて、ASCは、ブリ・スギ類基準の監査マニュアルの草案を作成しました。

12|02|2015      ブリ・スギ類基準が完成し、ASCに移管される

先週、ブリ・スギ類基準が完成し、ブリ・スギ類水産養殖管理検討会から水産養殖管理協議会(ASC)に移管れました。これによりASCの活動計画の1つの項目が達成され、ティラピア、パンガシウス、サケ、エビ、マス、二枚貝、アワビの基準に、ブリ・スギ類が加わることになります。

17|12|2014      ASC認証のコア基準策定に着手

水産養殖管理協議会(ASC)は既存の8つの養殖基準の構成と内容を調和させ、ひとつのコアとなるASC基準を策定するプロジェクトを開始します。求められる種ごともしくは生産手法ごとの要件を残しつつ可能な判定基準の調和を行います。

06|06|2014      ASC 認証つきパンガシウス(ナマズの仲間の白身魚)が日本初上陸
イオンリテール(株)と世界自然保護基金(WWF)ジャパンは、ASC 認証つきパンガシウスが日本中のイオン各店で発売されることを記念する共同イベントを開催しました。
28|02|2014      ASC 認証つきサケ が日本初上陸

日本最大の小売りネットワークを展開するイオンリテール(株)は、日本で初めてとなる水産養殖管理協議会(ASC)認定のサケを発売します。本日、イオンリテール(株)と世界自然保護基金(WWF)ジャパンは、ASC 認証つきサケが日本中のイオン各店で発売されることを記念する共同イベントを開催しました。

  |   お問い合わせ   |   リンク集